1. TOP
  2. ヒーリングあれこれ

ヒーリングあれこれ

癒しとヒーリング

本来の意味は実際の身体的な回復を指しますが、近頃では心理的な安心感を与えることや、 それを与える能力を持つ存在に共通する、性質や特徴を指してヒーリングや癒しと呼ぶことも多いようです。
また生命力や自己治癒力を活性化することで、治癒や回復を促進する活動全般をヒーリングと言います。
癒しの持つ力は、心身ともに安らぎをもたらして人が本質的に求める働きをしてくれます。

ヒーリングや癒しという言葉も今では様々なメディアで日常的に使われています。
レイキヒーリング、ヒーリングミュージック、クリスタルヒーリング、ヒーリンググッズ などなど、簡単にヒーリングとつく言葉が浮かんでくるほど、ヒーリングは私たちの日常に溶け込んでいます。
一般的にヒーリングは、ストレスケアなどに役立つ民間療法のひとつと位置づけられていて、 エネルギーや魂に働きかけるエネルギーヒーリング、スピリチュアル・ヒーリングやホットストーンやハーブボールなど 体に働きかけるボディヒーリングなどがあります。

ヒーリングは変化のために必要な流れを生み出す「一つのきかっけ」や「触媒」のようなものであって、 セラピストや施術者は、そのために必要なエネルギーや情報を受け取るパイプとなり 貴女の内にある生命の力にコンタクトするだけです。癒しはいつも貴女の中の生命の力と貴女自身が起こします。

体とヒーリング

精神的なストレスは肉体に様々な影響を与えます。
例えば、身体全体が硬くなる、だるさや重さを感じて動きづらい、緊張してリラックスできない、 パワーやエネルギーが感じられないなどです。
ストレスの影響は人によってさまざまですが、肉体・精神・エネルギーは連携をとり合って健康を保つシステムがあり、 軽度のストレスであれば体を動かすことでエネルギーが流れ出して、その大部分は自然と解放されていきます。

しかし昨今は、ライフスタイルの変化によって身体を動かす機会が少なくなり、 ストレスを解放するどころか新たなストレスを溜め込む結果となっています。
例え小さなストレスであっても数多く積み重なることで大きな影響を生むことになりかねません。
また事故、離婚、転勤、引越しなど、大きなインパクトを伴う体験のストレスは非常に強く、 エネルギーにも肉体にも耐え難い大きな影響を与えることもあります。
昔から病は気からと言いますが、病気の原因の75~90%は精神的な影響によって起こると言われていて、 それは肉体・精神・エネルギーの「繋がり=システム」によるものだとも考えられます。

ボディヒーリングではこのシステムをうまく利用して、肉体に施術することにより、 「血液・リンパの流れを促して自然治癒力・免疫力を高める」「蓄積されたストレスを解放してエネルギーの流れを促し活性化する」 「神経の疲れを癒し・自律神経の安定など精神のバランスを整える」ことを一つの目的としております。
だいちのうたのボディヒーリングは、機器、薬品を一切使用しませんので副作用の心配もありませんので安心して受けていただけます。

ヒーリングサロン(三重)トップへ     ページトップへ

スピリチュアル

「物質的な、肉体的な」を意味する「マテリアル」に対して、「スピリチュアル」は 「霊的な、精神的な」と言う意味を持っています。
本来、霊性や超自然的な人智を超えた存在とのつながりを信じることに基づく思想や生き方の総称として 使われてきましたが、昨今では心のあり方を扱う多くの分野でスピリチュアルという言葉が広く使用されています。
そして現在「人間は肉体、精神体、感情体、霊体など様々な要素を合わせ持った存在である」という考え方が 少しずつ認識されはじめていて、そのような人の全体性の成長を図る心のありようや生き方を総称してスピリチュアルと表現しています。

古来、日本人はスピリチュアルな民族であり、例えば、初詣、お宮参り、七五三、合格祈願、厄除けなど、人生の節目に神様のもとを訪れます。
家の中を見ると、かまどの中、台所、トイレなど、それぞれに神様がいて各自の家で神様を祀っていました。
山や川や木など自然そのものを神様として尊び、自然と共存することと、目に見えないものへ感謝の気持ちを持っていました。
スピリチュアルということが特別なものではなく、日本では元々、日々の暮らしの中に溶け込んでいました。
昨今のスピリチュアルブームも、このような日本人の民族性が根底にあるからと考えられます。

ヒーリングサロン(三重)トップへ     ページトップへ

ヒーリングの実際

スピリチュアルもヒーリングも特別なものではなく、近年、科学的・論理的にも証明されつつあります。
また「肉体的な健康だけではなく、精神的、霊的にもバランスが取れていることが 本当の意味での健康である」という考えが徐々に広まっています。
例えば、レイキヒーリングは、海外でも広く普及している、民間療法・代替医療のひとつであり、米国、英国、カナダ、 スペイン、ドイツ、オランダなどで、その認知度は高く先進国の中には保険が適用されている施設もあり、医療や福祉に広く取り入れられています。

私自身、若かりし頃、骨折したときには病院で治療をしました。
切り傷をおったときは縫っていただきました。
疲労肝で入院した時には治療と投薬を受けました。
退院後の体力が落ちていた時には友人のすすめで漢方薬を飲み、自然食品を食べていました。
西洋医学・東洋医学・そして上質の食事が人にもたらす恩恵は身にしみて感謝しており、治療が必要な時には医学の助けをかります。
そして同時に、レイキを初めとするエネルギーヒーリングやボディ・ヒーリング、スピリチュアル・ヒーリングなどの 癒しの手法や心理学、身体心理療法などの学びを活かして肉体的、精神的、エネルギー的な健康を育んでいます。

肉体だけ、精神だけ、エネルギーだけ・・・一つの所に囚われずに、その時々に必要なことを的確に得る直観力と、 必要なことならば取り入れていく柔軟性を活かして自己の生命力を豊かに育んでいくことが本来のヒーリングと考えております。 あなたの日常にヒーリングを取り入れることで新たな変化や進展の可能性が広がります。

ヒーリングサロン(三重)トップへ     ページトップへ

瞑眩反応と好転反応

人によっては、施術中、施術後に今までの症状より悪化したように見える場合や 健康状態が一時的に優れなくなったりする場合があります。
東洋医学では「薬が優れているほどその効果の現れ方も激しい」と考えられており 「症状や状態の改善にともなって起こる一過性の激症」を総じて「瞑眩反応または好転反応」と呼んでいます。
勿論、体が本来の健康状態に戻るための一過性のものであって体調が「回復に向かう前兆」であると考えられています。

多くの場合は施術によって、浄化が進む、新陳代謝が高まるなど、体内に蓄積された老廃物や ネガティブなエネルギーの排出が促進されることで起こる自然な症状であって、多くの場合は気にしなければ数日で自然と消えていきます。
ただ、あまり長期にわたる場合は、たまたまヒーリングを受けた時期とタイミングが合っただけで、 好転反応とは関係がなく何らかの疾患の可能性も考えられますので、そのような場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。

ヒーリングにおける好転反応は人によって感じ方がさまざまですが、これらはヒーリングを受けることによって滞っていたエネルギが流れ出し、 抑圧されていた古い感情やエネルギーのブロックが解放されていく際に起こる自然な反応なので、 その時起こっていることをできるだけ素直に感じて体の声に耳を傾けみると良いでしょう。

ヒーリングサロン(三重)トップへ     ページトップへ

オーラ

オーラは生体エネルギーと表現されることもあり、目に見えないエネルギーの層が重なったものと言われています。
オーラはリーディングや霊視など、見る方によって3層、4層、5層、6層、7層と見え方がバラバラです。
これは、肉眼では見えないオーラを見るということは、感覚の目でとらえたものを視覚情報化することであって、 感覚というものにはその人の概念が大きく影響するからです。

いわば、その人が何を好み、何を見て、どんな体験をしてきたのか・・・ 今までの経験と生まれもった資質によって、今の見え方、感じ方がつくられています。
またオーラには一つの層毎に、現実世界と肉体、感情と愛、魂の計画などのテーマがあり、 人間的成長と霊的成長の過程で、また現在自分を取り巻く環境の中で、それぞれのテーマを体験するとも考えられています。

オーラという概念は諸説ありますが、絶対的な正解や真実というものはなく、100人いれば100人それぞれの正解や真実が存在しますので、 自分が理解、納得できるものが、自分にとっての真実であり正解と言えます。

ヒーリングサロン(三重)トップへ     ページトップへ

チャクラ

チャクラとはサンスクリット語で光の輪を意味して、 体の中心線上の7ヵ所に主要なチャクラが位置していてると考えられています。
第1と第7チャクラを除く5ヵ所のチャクラは、身体の前後でそれぞれ対になっていて 肉体と精神のエネルギーの中枢としての役割を担っています。

チャクラは回転することによってエネルギーを取り入れて、それぞれが関連する体の部分にエネルギーを供給しています。
例えば、一つのチャクラの機能が低下すると、 そのチャクラが関連する器官はエネルギーの供給を十分に受けることができずに機能が低下します。
そして、そんな状態が長く続けばその器官に病気の症状が現れる可能性もあり、精神的な影響も考えられます。

また、チャクラの覚醒を悟りのプロセスと結び付ける考え方もあり、 それは第1チャクラのエネルギーが覚醒することで、7つのチャクラシステムを上昇するの各チャクラの封印を解きながら進み、 頭頂のチャクラの封印が解かれた時に真の覚醒が得られるというものです。

チャクラ、オーラ、エネルギーの捉え方には諸説ありますので、それらの一つとしてお読みくださいね。

ヒーリングサロン(三重)トップへ     ページトップへ